北東北で営業する北日本銀行

北日本銀行の投資と資産形成

金融機関の金利が低い中において、北日本銀行でも預金金利が低い状態です。普通預金では、金利が0.020パーセントと他の金融機関と同じような金利水準が続いています。(金融機関の金利の参照リンク、http://www.woman110.com/200807/

北日本銀行の定期預金には、スーパー定期預金があります。この定期預金では、預入期間が5年までなら金利は低めですが、預入期間が10年になると、金利は年0.100パーセント、300万円以上の定期預金でも0.120パーセントと預け入れ期間が長くなるほど、高くなることが特徴です。

また、定期預金では、北日本銀行で年金を受け取る人が退職金専用定期預金を利用することもできます。この預金はスーパー定期預金「年金定期預金」として知られ、店頭表示金利に年0.2パーセントが上乗せされる預金です。預入期間は1年であっても効果的な資産運用ができます。

しかし、低金利時代において北日本銀行の預金も資産運用として大きな期待が持てるものではありません。そのことから、最近は投資への関心が高まるようになり、北日本銀行でも多くの人が資産運用として投資の利用をはじめています。

NISAが導入されてからは、資産づくりにおいてメリットが見られるようになり、いままで投資への不安をもっていた北日本銀行の顧客も始めるようになりました。(NISAの導入の参照リンク、http://kabu.com/item/nisa/

北日本銀行では、投資の専門家が日本株や債券などに投資を行って利益を上げる投資信託を採用しています。投資信託で利益を得た場合、割合に応じて配当金を分配するため、北日本銀行の投資信託で利益を上げる人が見られます。

投資信託は、預金よりも高い利益が得られることが特徴の商品です。資産形成としては効果的とされていますが、損失を得ることもあります。また、投資信託の場合は預金のように元金が保証されていません。そのことから、北日本銀行では、預金と投資信託を同時に行う資産運用プランの活用が増えています。(投資信託の参照リンク、http://www.nam.co.jp/seminar/